〜 第1節(Round1) 〜



各グループへのショートカット
グループA   グループB   グループC   グループD
グループE   グループF   グループG   グループH


ゲーム詳細
グループD: レアル・マドリッド vs マンチェスターC





グループA 得点 失点 勝点
パリ・サンジェルマン 1 0 0 4 1 3
ポルト 1 0 0 2 0 3
ディナモ・ザグレブ 0 0 1 0 2 0
ディナモ・キエフ 0 0 1 1 4 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

ディナモ・ザグレブ 0−2   ポルト    
Lゴンザレス 41
デフール 90+2

     パリSG 4−1   ディナモ・キエフ
イブラヒモヴィッチ 9(PK)
Tシウバ 29
アレックス 32
パストーレ 90+1
ミゲウ・ヴェローゾ 87




グループB 得点 失点 勝点
シャルケ 1 0 0 2 1 3
アーセナル 1 0 0 2 1 3
モンペリエ 0 0 1 1 2 0
オリンピアコス 0 0 1 1 2 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

モンペリエ 1−2   アーセナル
ベルハンダ 9(PK) ポドルスキ 16
ジェルビーニョ 18

オリンピアコス 1−2   シャルケ  
アブドゥン 58 ヘーベデス 41
フンテラール 59




グループC 得点 失点 勝点
マラガ 1 0 0 3 0 3
アンデルレヒ 0 1 0 0 0 1
ACミラン 0 1 0 0 0 1
ゼニト 0 0 1 0 3 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

マラガ 3−0   ゼニト
イスコ 3、76
サビオラ 13

   ACミラン 0−0   アンデルレヒト




グループD 得点 失点 勝点
レアル・マドリッド 1 0 0 3 2 3
ボルシア・ドルトムント 1 0 0 1 0 3
マンチェスター・シティー 0 0 1 2 3 0
アヤックス 0 0 1 0 1 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

ドルトムント 1−0   アヤックス
レバンドフスキ 87

レアル・マドリッド 3−2   マンチェスターC
マルセロ 76
ベンゼマ 87
Cロナウド 90
ジェコ 68
コラロフ 85




グループE 得点 失点 勝点
シャフタール・ドネツク 1 0 0 2 0 3
ユベントス 0 1 0 2 2 1
チェルシー 0 1 0 2 2 1
ノアシェラン 0 0 1 0 2 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

シャフタール 2−0   ノアシェラン    
ムヒタリアン 44、76

チェルシー 2−2   ユベントス
オスカール 31、33 ビダル 38
クアリアレッラ 80




グループF 得点 失点 勝点
BATE 1 0 0 3 1 3
バイエルン・ミュンヘン 1 0 0 2 1 3
バレンシア 0 0 1 1 2 0
リール 0 0 1 1 3 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

リール 1−3   BATE
シュジュ 60 ボロジコ 6
ロジオノフ 20
アリャフノビッチ 43

バイエルン 2−1   バレンシア
シュバインシュタイガー 38
クロース 76
バルデス 90+1




グループG 得点 失点 勝点
バルセロナ 1 0 0 3 2 3
ベンフィカ 0 1 0 0 0 1
セルティック 0 1 0 0 0 1
スパルタク・モスクワ 0 0 1 2 3 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

     バルセロナ 3−2   スパルタク・モスクワ
テージョ 14
メッシ 72、80
Dアウベス 29(OWN)
ロムロ 59

セルティック 0−0   ベンフィカ




グループH 得点 失点 勝点
クルージュ 1 0 0 2 0 3
マンチェスター・ユナイテッド 1 0 0 1 0 3
ガラタサライ 0 0 1 0 1 0
ブラガ 0 0 1 0 2 0
勝点:勝ち=3点、引分け=1点、負け=0点

マンチェスターU 1−0   ガラタサライ  
キャリック 7

 ブラガ 0−2   クルージュ
バストス 19、34





〜 ゲーム詳細 〜


グループD

レアル・マドリッド 3−2   マンチェスターC
マルセロ 76
ベンゼマ 87
Cロナウド 90
ジェコ 68
コラロフ 85

 今季の死のグループと言われるグループD、スペインチャンピオンがイングランドチャンピオンを迎える1戦。
 国内リーグで早くも2敗と、最悪に近いシーズン立ち上がりとなってしまったマドリッド。この日の攻撃陳は、イグアインをトップにCロナウドとディ・マリアが入り、中盤は新加入のエッシェン、シャビ・アロンソ、ケディラが務める。守備陣は左からマルセロ、バラーヌ、ぺぺ、アルベロア。キーパーはもちろん、カシージャス。
 ベンゼマ、エジル、カカ、そして新加入モドリッチといったあたりが控える。
 一方のシティはテベスを先頭に、ナスリ、シルバ、バリー、Yトゥレ、ハビ・ガルシアが並ぶ。右SBにはインテルから移籍してきたマイコンが入る。

前半

 2分、3分とCロナウドが続けてミドルシュートを放つ。
 8分、シティが最終ラインから前線のテベスにボールを入れたところでマドリッドがインターセプト、逆にセンターサークルのイグアインを経由し左サイドを上がるCロナウドへ素早くボールがつながって、マドリッドのチャンスとなる。Pエリア内で対峙するコンパニーの体勢をフェイントで崩して中へと持ち出すと、右足を振り抜く。しかしここはキーパーのハートがよく反応しシュートコースを切って、CKへと逃れた。
 Cロナウドは12分にも左サイドでパスを受けると、ゴールに向かってドリブル、マイコンをかわすように中へと持ち込みシュート。さらにこれをゴール前のイグアインが頭で触ってコースを変えたが、ハートが体に当ててクリアし、シティはここも失点を免れた。
 20分にもマドリッドにビッグチャンス。攻め込んだシティからボールを奪うと中盤右に開いたディ・マリアに展開。そしてキーパーとDFラインの間に走り込むイグアインへピンポイントのボールが放り込まれる。イグアインはワントラップからゴールを狙うがハートが立ち塞がりこれをブロック。跳ね返りを拾ったのはCロナウド。ゴール正面やや左のPエリアわずかに外からシュートを放つがDFにあたり、続けてケディラも狙ったが、シュートは枠を超えてしまった。
 試合開始から30分、ここまでほぼマドリッドペースでシティはノーチャンス。Cロナウドは27分にもミドルを放ち、シュートを量産するも得点に至らない。
 34分、ナスリが右足を痛めて自らピッチの外へ。シティは代わりにコラロフを入れる。
 前半は結局マドリッドボール支配率74%と一方的に攻めながらも、ゴールは生まれずに終了。

後半

 後半シティは少しラインを上げて攻撃の機会が増えはじめる。
 57分のマドリッド。左サイドでCロナウドがボールをキープ、仕掛けるフェイントを混ぜながら外から縦に走り込むマルセロへスルーパスを送る。ダイレクトでマルセロが折り返した低いボールに、ゴール前でイグアインが飛び込んできたがわずかに届かず。
 68分にシティがカウンター。自陣深いところでボールを奪うと、Yトゥレが3人に寄せられる中を巧にボールキープ、前のテベスへとボールを当てる。テベスにもぺぺがマークに着いていたが、これを抑えてボールを落とすと、Yトゥレがすかさず拾って一気にマドリッド陣内へとボールを運ぶ。
 2対1の状況でYトゥレは丁寧に後半途中出場のジェコへラストパス。キーパーと1対1になったジェコは右に打つ体勢のフェイントでカシージャスの逆を突き、ゴールを決めた。

 このあとややオープンな展開になりはじめたところで、マドリッドはモドリッチとベンゼマを投入する。
 そして76分、マルセロの放ったミドルシュートがDFに軽く当たってゴールへ飛び込み、マドリッドが同点に追いついた。

 85分、右サイド40m程の位置でFKを得たシティ。コラロフが左足でキーパーとDFラインの間に放り込んだボールは、そのまま巻くようにバウンドしてファーサードにゴールイン。再びシティがリードを奪った。

 しかしわずか2分後、マドリッドはディ・マリアが右サイドを切れのあるステップでドリブル、2人かわすとゴール正面のベンゼマへパス。ベンゼマはゴールを背にした状態からツータッチで回り込んで右足を振り抜き、ゴール右にシュートを突き刺して試合を振出に戻した。

 残り時間わずかとあって、さらにオープンな展開に。
 88分のシティの攻撃を凌いだマドリッドがすかさず速攻。自陣中盤から途中出場のエジルが左前方のベンゼマへ長いパスを通し、そのままPエリア内に持ち込んだベンゼマはPアーク内でフリーとなっていたCロナウドへパス。トラップから間髪入れずシュートを放ったが、キーパーのハートがしっかり反応し弾き返した。
 しかしその後も猛攻を仕掛けると、90分を回る直前、左サイドでボールを受けたCロナウドがこの試合何度も見せたようにカットインから右足を一閃。鋭く低いドライブのかかったボールは、ニアに入ったコンパニーの頭付近を超えてハートの足元でバウンド、そのままゴールに飛び込んでついに逆転。

 試合はこのまま終了。劇的なゴールでマドリッドが勝ち点3を手にした。